FC2ブログ

だいすきなレイに…徒然に

だいすきな妻との日常生活のささやかな喜びをつづっていこうかと思っています。旦那さんや奥さんが大好きなご夫婦さんとお茶のみ感覚なブログ交流ができればと思います。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年のバレンタイン  

バレンタインの数日前かな?夫婦でお世話になっている方へのバレンタインギフトをルンルンで買い物している怜と一緒だった。


俺は正直、いまさら思うに連日のハードな仕事に疲れがピークだったと思う。

その後日からバレンタインまでの数日。
怜は仕事を終えてから、いつものように忙しく慌ただしく、夕飯つくり。
ただいつもと違うのは、子供らのバレンタインの手伝い?(ほとんど怜がやってるらしいが。)をやり終えてすぐに夕飯の支度なわけで。

つまりは怜自身がバレンタインを作る時間なんて到底ないわけで。
自分にギフトを買う時間もないし…。

Twitterでは数日前からバレンタインの話題もチラホラ。
なんとなく。おいてきぼり感を感じた、ココロ狭き俺。




バレンタイン前日に怜と話してる会話。



蓮: 「今年はさ、俺、バレンタインってないんだよね?忙しいしさ、買い物してる時間なんてなかった  じゃん?」



怜: 「(ムッとしながら)バレンタインは明日でしょ。明日、買ってくればいいでしょ。」



俺:  怜のムッとする態度に面白くなく。「現実、(怜が仕事終わって帰宅して、子供らの飯をすぐ作らないといけないことから)買い物してる時間なんて、あるわけないじゃん。(…ましてや作る時間なんて)」



怜 : 俺のその言葉で怒りが沸点に達した怜は「そんなに言うなら、今、やるわよ。」



俺: 「(えっ?)」



すると、物凄い勢いで冷蔵庫に向かい、出して来たのは、プッチンプリンの容器(ケーキコーナーに売ってるらしく)に入ったチョコレートムースとトッピング用の苺にクリーム。



俺: 「(えっ、だって、全く時間なかったじゃん、いつの間に。)」




別々の職場で働きながらも他の家庭よりも夫婦でいれる時間が僕らは長いから、そんな時間が持てるはずがないと思っていた。そしてワガママな俺はすねていた。



物凄い勢いで盛り付けようとする怜。
プッチンプリンの容器からお皿に盛る際、ムースが綺麗に出て来なかった。
恐らく、ムースを冷やす時間が短過ぎたことが原因とその時は言っていた。




怜を泣かしてしまった。

「(完全なに俺のワガママから、怜の気持ちをつぶしてしまった。酷すぎる自分)」

泣いてる怜を抱きかかえながら、ひたすら謝った。そして感謝の気持ちをコトバにした。

でもショックだった怜はそのまま、寝室に行ってしまい。
いつの間にか夫婦で寝ていた。



朝方、2人して目が覚めたとき。
隣の怜の布団に入り込んで、後ろから抱きながら謝り、そして感謝の気持ちを伝えた。

怜も許してくれた。
そして…布団でじゃれあった。




翌朝は子どたちの分も怜は作っていたので。トッピングし、写メしてTwitterにupした。


怜と子供らのバレンタイン





この日は怜は仕事。俺は休み。

せめても、怜が帰宅するまでに家事を終えてスムーズに子供らに夕飯を食べさせ、怜とくつろぐ時間をつくること。
これが、今できること。と考えてたけど。
連日のハードな仕事で体調も追いつかず、思うようにすすめられず。
作った夕飯は見事に茶色ばかり。


バレンタインの夕飯




それでも平和で心地よい食卓になった。
夕飯も和やかに夫婦で過ごし、怜が作ってくれた、ムースを夫婦で食べた。

とても甘く、優しい味だった。
美味しかった。


バレンタイン チョコレートムース


バレンタイン




食事を終え、布団に入ってからもムースの余韻は続いてた。


余韻は舌ではなく、気持ちに残っている。
自分勝手な思い過ごしと嫉妬心で傷つけてしまったことへの苦さを、夕食後に笑顔でムースを食べさせてくれた怜の表情は、気持ちを甘くさせてくれた。



後日、怜に聴くと。
レシピ自体は短い時間でも制作できるようだったけど。
前日の怜が帰宅してから、子供らのバレンタインの手伝い、夕飯。そして、自分へのバレンタイン。
どう考えても、「作れるなんてありえない。」と勝手に思い込んでいたし。
現実、つくってくれたわけだが。

それは凄いことであり、それほどまでに自分を気にかけていた。




ほんとに…
コトバでは、表せないくらいに…

今、隣で健やかに寝てる怜の寝顔を観ながら、綴っていた。


20180218111724aee.jpeg

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 3

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2018/02/18 12:45 | edit

ええ話や~(>_<)

これでまたお互いの心も深くつながりましたね。

やっぱり仕事が忙しくて疲れてたんでしょうね。

優しい奥さんで、お母さん
ご苦労様です。

ひで #1QjeyAYo | URL
2018/02/18 23:47 | edit

Re: ひでさん

ご無沙汰してます。

自分の方は、ブログ放置で再出発したところに、ひでさんから、訪問していただけるなんて。

本当、光栄です。^^

余談ですが、私たちも先日、混浴デビューしたんですよ。e-257

もちろん、純粋に露天を夫婦で楽しむためです。

いろいろと勉強させていただくことが多いかも。(笑)

ほんと、ありがとうございました。

ren #- | URL
2018/02/19 11:51 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。